2011年11月08日

水清ければ

ゴミ土の上には作物が茂るが
澄みきった水には魚も住まない

汚いものをも平気で受け入れる
度量があってこそ大人物だ

自分だけで潔白ぶり
小さなカラに閉じこもることをやめよう
タグ:
posted by 天草四郎 at 22:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

はったりを排す

人を驚かせる計略や行動
奇妙な習慣や技能などは
すべて世をわたる上での災難の原因となる

至極当たり前の道徳を守って
生きることにより
人間本来のよさが現れ
世界の平和が実現するのだ
posted by 天草四郎 at 08:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

「我」をおさえるもうひとつの「我」

怒りが爆発し
欲望が流れ出そうとする時

わが心の中には
そのような自分を振り返る心
そのような自分に反発する心が
必ず生じているものだ
posted by 天草四郎 at 18:10| 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

悟りは今、ここで

今すぐ雑念を去れば
今すぐ悟りをひらくことが出来る

平穏無事に過ごせるような境遇を待っていては
楽隠居の身分になっても
その機会は来ないだろう

たとえ仏門に入っても
心の迷いはいつまでもさめることはない

posted by 天草四郎 at 13:09| 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

真価をおおうもの

すべての人の心の底には
必ず真の文章
生まれながらの理性が備わっている
だが多くの場合その理性は
ガラクタのような知識におおわれて
その真価を発揮していない

すべての人の心の底には
真実の音楽
天から授かった感性が備わっている
だがその感性も
たいていはあやしげな芸術によって曇らされ
輝きを失っている

道を学ぼうとする者は
まず心に入りこんだ
やっかいなモノを
一掃することによって
埋もれていた
自らの理性と感性とを掘り起こし
それを活用していかなければならない

posted by 天草四郎 at 08:42| 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。